「A.お知らせ」カテゴリーアーカイブ

第1回アジア大会での白帯部門の試合

こんな試合10日近く前になっての告知・・・みんなビックリしてたんですが、またもや試合1週間前・・・ビックリ、再び訂正だそうです(^-^;。
そう、なんか開催するみたいなんです。白帯のマスター・シニア。
この告知の仕方は、開催者として、マズいのでは?
やめて、やっぱりやるなんて・・・うちの練習生にもマスターで提出しようとしてたのですが、やらないと聞いたので、直前で仕方なしにアダルトで提出することに・・・、でも、やっぱりやる?・・・う~ん、どうなんですか、これ(^-^;。
以下、谷柔術総本部HPにて
————————————————–
2006-10-21更新
17日に更新した内容を訂正します。
白帯もジュベニュウ・アダルト・マスター・シニア1・2・3を開催します。申込は当日まで受け付けます
後日ですがトーナメント表を事前に公表するそうです
2006-10-17更新
白帯はアダルトのみの開催です。ジュベニュウ・マスター・シニア等は開催しません
————————————————–

山本選手、Gi ADCC優勝

Gi ADCCオープントーナメントに、パラ池から、山本選手が出場。
(2006年10月8日(日)文京スポーツセンター柔道場)
そして、優勝しました。
アダルト インターミディエイト ~83.0kg
 優勝:山本 和久(パレストラ池袋)
ADCC JAPAN発足後、初めての公式大会「Gi ADCCオープントーナメント」
[詳細]http://www.if-pro.com/adccj/yo.htm

第1回アジア大会の出場申込締め切りについて

各支部で、各カテゴリでエントリ人数が制限されている為、各支部で人数を厳選、収集し、大会事務局に提出することになっています。
・パラエストラ代表は、10月9日(月)締め切り
・パラ池代表は、10月16日(月)締め切り
IDカード発行の申請は、各自で行って下さい。
(アジア大会に出場される方は、早急にお願い致します)
その後、
 1.アジア大会出場申込書
 2.参加費8,000円
 3.IDカードのコピー
を用意して頂き、朝倉代表まで、提出するようお願い致します。

ルール変更と胴衣パッチ規制について

2006年度 第1回ブラジリアン柔術アジア大会では採用されるようなので注意して下さい。
また、アジア大会以降も、各大会では採用される可能性大です。
詳細は、「パラ池について(PukiWiki) 」内の「ブラジリアン柔術/補足」あたりに記述してあるので、ご確認下さい(最新は、谷柔術総本部HP)。

2006年度 第1回ブラジリアン柔術アジア大会

本大会への出場について
当然、パラエストラ池袋での出場は問題ありませんが、同カテゴリー2人までの出場となります。希望者はIDカードの作成、参加意思表示等早めにお願い致します。
10月28日(土)の試合は 黒・茶・白の各カテゴリー及び紫・青のアブソリュート
10月29日(日)の試合は 紫・青の各カテゴリー及び黒・茶のアブソリュート
白帯のアブソリュートはありません。
※フォーラムのパラ池会員用にて、今大会のパラエストラ代表チームへのオファー情報を載せてあります。

日本ブラジリアン柔術連盟ID(以下BJJ-ID)カードについて

BJJ-IDカードは、全日本BJJや海外BJJ大会(パンナム、アジア選手権大会)等の連盟主催の大会で、出場するのに必ず必要となるものです。
出場される方は、早めに申請しておいた方が良いかと思われます。
また、申請書に指導者のNoの記載が必要です。
フォーラムのパラ池会員用にて、記述してありますので、参考にして下さい。
2006年3月から日本ブラジリアン柔術連盟(以下BJJ)のIDカードの発行システムが変わっていますので、谷柔術総本部サイト内「BJJ-IDカードについて(詳細)」のページにて各自、ご確認下さい。